医療費控除

対価に関してかかる医療費控除
要介護状態になっている高齢者が介護サービスを受けていく中で、どうしても気になってくるのが医療費です。
毎日医療関連のサービスを受けていくことによって、多額の費用がかかってしまいます。
介護サービスを受けることが出来る施設である、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、そして指定介護療養型医療施設で支払う負担額について著しくなってしまったら医療費の控除を受けることができます。
介護保険法の適用によって明確に医療費の控除対象が決まっていますので、介護施設を利用する前にはしっかりと確認をしておくことが重要になってきます。

医療費控除の対象について
まず医療費控除の対象者についてですが、要介護状態になっている人が対象となります。
そして特別養護老人ホームに入所していることによって医療費控除を受けることができます。
また介護保険法の経過措置として保険法が適用された時に特別養護老人ホームに入所していて自立ができない人も対象となります。
対象者となる高齢者の負担額に関する医療費控除は支払った金額の2分の1が相当します。
領収証も発行されたら、医療費控除の金額が記載されることになります。

場所によっては医療費控除が多くなる
特別養護老人ホームでは医療費控除は支払った金額の2分の1が医療費控除の対象となります。
しかし施設によっては医療費控除の金額が大きく変わることがあります。
例えば介護老人保健施設や指定介護療養型医療施設では全額医療費控除となります。
そして高額の介護サービスを受けて払い戻しがあれば、医療費の金額から差し引いて医療費控除の計算を行うことができます。

医療費控除対象外の費用について
何もかもが医療費控除となるわけではありません。
様々な費用の中では、医療費控除の対象外になるものがあります。
例えばおむつ代などの日常生活費や指定された介護サービス外の費用が対象となります。
受けるサービスが医療費控除の対象となるかしっかりとチェックしましょう。

ページトップへ戻る

老人ホーム相談サービスランキング

老人ホームの入居相談・紹介なら笑美面(えみめん)

笑美面(えみめん)は、老人ホーム・介護施設に対してお客様のご要望などをしっかりと伝え、交渉をしてくれる紹介サービス会社です。
入居後のトラブルなどが発生しないように、事前に施設側への確認なども徹底して行ってくれますのでおすすめです。

おすすめポイント

  • 施設見学の際は送迎・見学まですべて同行してくれて安心!
  • 入居後もしっかりサポート!
  • 施設側との交渉を徹底!

紹介センター『笑美面』のホームページを見る

かいごDB

かいごDBは全国30万件以上もの介護事業所情報を掲載しているサイトです。様々な条件に対応し、入居可能な施設を豊富なDBの中から無料で紹介してくれますのでおすすめです。

ケアプロデュース

ケアプロデュースは有料老人ホーム業界経験10年と介護保険導入前からの長い経験を持った老人ホーム・介護施設紹介センターです。全ての職員が介護に関する有資格者なので、安心して相談できます。

ページトップへ戻る

公式ホームページを見る

てんま屋

介護施設の口コミ・評判
介護施設のお役立ち情報